コートジボワール戦の感想⑤ 遠藤保仁選手の話

(『ナンバー2014年6/30臨時増刊号』から抜粋)

 コートジボワール戦の後半9分に、遠藤はピッチに入った。

「これは、マジでやばい」

出場して数分で、遠藤はそう思ったという。

遠藤

「前半16分に先制点を奪った時には、自分達のペースになると
 思ったけど、そうならなかった。

 俺らは間延びしてしまった。
 その要因の1つは、プレスが掛からなかったから。

 しかも、相手の両サイドバックが、事前の情報以上に
 高い位置を取っていた。

 特に左サイドは、(長友)佑都を分析していたのだろうけど、
 オーリエとジェルビーニョが近い所にポジションを取り、
 カウンターを狙っていた。

 そして日本は、中途半端にボールを失って、何度もカウンターを
 喰らった。

 そうなると最終ラインは慎重になり、ラインが低くなって
 間延びさせられた。」

遠藤はピッチに入る時に、ザック監督から「コンパクトにして、パスを左右に散らせ」と指示された。

ところがピッチに入ると、ボール回しすらままならない状況だった。

遠藤

「みんな、疲れていた。

 動きが重いし、1つミスすると妙に慌てて萎縮してしまう。

 1点リードしている状況とはいえ、これから先が非常に
 難しいと思った。」

コートジボワールは、センターバック2枚+ボランチ2枚の4人を軸にして、うまくボールを回していた。

香川と岡崎は両サイドバックを見ており、ボランチの山口らも前にプレスに行かなかった。

そのため本田と大迫は、2人で相手の4人を見る状況に追い込まれていた。

また、中盤でボールを失う事が多いため、カウンターを喰らって香川や岡崎は何度も自陣に戻っていた。

遠藤

「相手を押し込めることが出来ずに、逆に押し込まれて体力を
 どんどん消費した。

 それがボディ・ブローのように効いて、後半に運動量が
 ガタ落ちした。

 2つの失点シーンは、日本が中盤でミスしてボールを奪われ、
 右サイドのオーリエに展開された。

 オーリエは、ウチらがボールを失う前に、しっかり
 ポジショニングしていたからね。

 2点ともミス絡みで、フリーでクロスを入れられているので、
 言い訳できないでしょ。

 ミスをしたのは、走らされて疲れた事や、カウンターを喰らって
 DFラインを下げられたから。」

後半22分に、大迫に代えて大久保が投入された。

前線に動きがでないと見るや、ザックは7分後に本田を1トップに上げて、香川をトップ下にし、大久保を左サイドに移した。

これは、これまでチームが貫いてきた「裏狙いや3人目の動きで点を取るスタイル」とは真逆のやり方だった。

遠藤

「やりにくさは、当然あったよ。

 (香川)真司を生かすための、一種の賭けだったのかもね。

 でも、そもそも日本は動けていないので、良い形でボールを
 奪えない。

 俺達はその場しのぎのプレーが多く、明確な意図をもった
 プレーが出来ていなかった。

 最後の(吉田を使った)パワープレーも、それを監督に
 選択させたのは俺達のせいだよね。

 下でボールを繋いでやれないのがいけなかった。

 日本は先制点を取った時に、同点にされてもいいという
 気持ちで前に行くべきだった。

 相手は点を取られて、すごく嫌な時間帯だったはず。

 ボール支配率を見ても、俺らは43%でしょ。

 普段通りにやれば勝てた相手だけに、もったいなかった。」

ドイツW杯を経験している遠藤だけに、初戦敗戦の痛みはよく分かっているはずだ。

遠藤

「ドイツの時よりもショックは無いよ。

 あの時は、レギュラー組とサブ組が明確に分かれて、
 一体感がなかった。

 でも、今の俺らはもっとやれる自信がある。

 何をしなければいけないかについて、意見をすり合わせる事が
 できた。

 それを出来るところが、このチームの良い所なんでね。

 ギリシャ戦は、開き直って自分達のサッカーを出せるかどうか。

 それで負けたら、自分達の力不足だということ。」

気になるのは、ザック監督が「交代カードで失敗した」と言ったことだ。

遠藤は、「ザックさんは、スタメンを入れ替えることを考えているかもしれない」と意味深に言う。

(実際にギリシャ戦では、スタメンが大きく変更された)

(2014年11月16日に作成)


サッカー 目次に戻る