コートジボワール戦の感想⑥ 山口蛍選手の話

(『ナンバー2014年6/30臨時増刊号』から抜粋)

コートジボワール戦後の山口の表情は、険しかった。

山口

「今日は、うまくプレスがハマらなかった。

 僕らボランチはヤヤ・トゥーレを意識して見ていたけど、
 嫌なポジションを取るのでケアするのが難しかった。

 攻撃でも、相手は真ん中が堅かったので、僕がもう少しサイドを
 使えば良かったかなと思いました。

 90分出場しましたが、自分の形でボールを奪えず、攻撃では
 前に出て行けなかった。

 不完全燃焼という感じです。」

次のギリシャ戦に向けては、こう語る。

山口

「コートジボワール戦では、DFラインが低くなってプレスに
 行けず、サイドからクロスボールを入れられて失点した。

 このパターンは、ザンビア戦でもあった。

 という事は、きちんと修正し切れていなかったわけで、
 まずはそこを修正したい。

 そのためには、プレスやと思います。

 もっと相手にプレスに行けば、あそこまで持っていかれる事は
 ないんで。」

(2014年11月18日に作成)


サッカー 目次に戻る