長谷部キャプテンとザック監督の4年間

(『ZONE2014年8月号』から抜粋)

2011年1月のアジアカップ初戦。

ヨルダン戦のキックオフ前のロッカールームは、緊張感に欠けていた。

そして、格下相手に1-1で引き分けてしまった。

翌日に長谷部は、選手だけのミーティングを緊急開催して、こう伝えた。

「自分は、ジーコさん・オシムさん・岡田さんの下で代表を
 経験したけど、今ほど緊張感のないチームはなかった。

 ふざけるのと明るくやるのは違う。

 緊張感を作れていないのには、自分にも非があると認める。

 今後はそれを意識してやっていこうと思うから、
 協力してほしい。」

この後、チームは一丸となり、アジアカップの優勝を得た。

2010年W杯の直前にゲーム・キャプテンに任命された長谷部だが、当初はチーム・キャプテンの川口能活をサポートする立場だった。

「自分は何もしていない」と、W杯後にも言った。

だが、このアジアカップを分岐点にして、明らかに振る舞いが変化した。

2011年9月のウズベキスタン戦では、一部の若手がロッカールームでふざけたため、雷を落として引き締めた。

長谷部

「アジアカップの初戦で1度、ザックさんからロッカールームでの
 態度を怒られていた。

 それを繰り返したら、プロではないですよね。

 ただし、こうなったのはキャプテンの責任でもある。

 僕はなるべく言葉に頼らず、オーラで引き締めたい。

 言葉に頼らざるを得なかったのは、悔しかったし情けなかった
 です。」

長谷部はザッケローニと信頼を深めていき、頻繁に意見交換をするようになった。

2012年5月のW杯アジア最終予選の直前にも、危機が訪れた。

日本代表は埼玉で合宿を行ったが、ホテルに缶詰になり、マンネリ感から集中力が落ち、大学生相手の練習試合でも思うようなプレーができなかった。

ザック監督は、「本番モードになっていない!」と怒りを爆発させた。

長谷部は監督室に行き、「選手たちが疲れているので、リフレッシュ・メニューに切り替えましょう」と提案。

ザックは受け入れ、翌日はサッカー・バレーで気分転換を図った。

さらに初戦の翌日には、外出して焼肉を食べる事も許可した。

長谷部「最終予選で好スタートをきれたのは、あのリフレッシュが大きかった」

この頃になると、ザックは「長谷部なしではチームをまとめられない」と公の場で発言し、信頼を隠さないようになった。

2013年6月のコンフェデ杯でも、2人の会談がチームを救った。

この大会では、初戦でブラジルに0-3で負けた。
日本は前年にもブラジルに0-4で敗れており、その反省を基に臨んだのに大敗してしまった。

初戦のあと、チーム内には「このままではW杯で通用しないのでは?」との不信感が生まれた。

ザック監督のほうも、本田らの意識が個に偏って、チームの約束事を守らない事に、不満を抱いた。

ザックは、長谷部を部屋に呼び、正直に告白した。

「自分は、まだ日本に3年しか居ない。
 だから、日本人の細かい性格まで分からない。

 ブラジルの弱点を分析して対策を練習したのに、全然ピッチで
 表現していなかった。

 私は、『1人が3人を抜いてゴールを決めるよりも、組織で
 崩すサッカーこそ日本に相応しい』と考える。

 日本の強みは、勇気を持った組織だ。

 お前たちなら、世界のトップ相手でも自分達のサッカーができる。

 なぜやろうとしないのか?」

この言葉を聞いて、長谷部は感動した。

「これほどまでに、監督は日本を信じているのか」と。

翌日に長谷部は、選手だけのミーティングを開き、ザックの想いを伝えた。

これが、イタリア戦(第2戦)での3-4の好内容な試合ぶりにつながった。

イタリアとの試合後に、長谷部は力強く宣言した。

「今日の試合は、ターニングポイントになる」

その後、代表には柿谷や山口が加わり、さらに攻撃的なサッカーを追求していく。

しかし、本田や遠藤が強気なパス・サッカーを志向する一方で、岡崎や内田は「相手の良さを消すことも必要だ」と考えていた。

そのすれ違いが、2013年10月の東欧遠征で頂点に達し、再び危機が訪れる。

セルビアに0-2で負け、続くベラルーシにも0-1で負けたため、選手から不満の声が出た。

長谷部は、主に若手から意見を聞き取り、11月のベルギー遠征では「監督と仲間を信じる」との方針でまとめた。

その結果、オランダに2-2、ベルギーには3-2で勝利し、新たなステージに入った。

長谷部「東欧遠征の難しい時期を無駄にせず、さらに前進できたと思います」

(2015年12月21日に作成)


サッカー 目次に戻る