W杯を終えて 森重真人選手の話

(『ZONE 2014年9月号』から抜粋)

質問 2014年のW杯を終えて、今の率直な思いを教えて下さい。

森重

結果を出せなかった事は申し訳ないし、残念で仕方ない。

ただ、代表で過ごした1ヵ月間で、色んな事を得られたと思います。

質問  同じメンバーで過ごす中で、感じた事はありますか?

森重

それぞれの思いは、ひしひしと感じていました。

一人一人が強い決意を持っている集団でした。
どうやったらチームが勝てるのかを、それぞれが常に考えていたと思います。

その一方で、リラックスする時間も持てていました。

そうした環境づくりや、雰囲気づくりが出来ていたので、いつまでもこのチームでやっていたいなと思いました。

質問

どんな思いで初戦のコートジボワール戦のピッチに居ましたか?

森重

とにかく相手に勝ちたいという一心でした。

日本にも勝つチャンスはあったと思いますが、チャンスをものに出来なかった。

同点に追いつかれたあの失点シーンで、自分がボールをはじき返していたら、勝っていたかもしれない。

まだまだ甘いんだなと。

質問

結果的には、ピッチに立てたのは初戦だけでしたね。

2試合目以降に、チーム内に亀裂が走ることはありませんでしたか?

森重

全くなかったと断言できます。

メディアに向けてそれぞれが声を発信してきましたが、チーム内で意思疎通は取れていました。

大会を通して感じたのは、『日本代表は、メンタルのコントロールがまだ苦手なのかも』という事でした。

質問

大会中には、「自分たちのサッカー」という言葉が多く聞かれました。

森重

4年間取り組んできた事を、W杯中に変えることはできない。

今までやってきた事を出せれば勝てるという自負もあったけど、出せないで終わってしまった。

4年間やってきた事がダメだったのではなく、それを大会で生かせなかった面をフォーカスした方がいい。

質問  やってきたサッカーを出せなかった原因は何でしょう?

森重

1失点で、状況が180度変わってしまう所だと思います。

そうしたメンタル面は、今の日本の弱さです。

質問  W杯で感じた事を、どう活かしていきたいですか?

森重

出場してみて、自分と日本に何が必要なのかが、少しは分かった気がします。

それを今は自分の中に留めておいて、しっかりと取り組めばいいかなと。

色んな事を感じましたが、誰にどう伝えるかが難しいし、どこまで伝えるかというのもある。

代表での経験をクラブチームに落とし込む人もいますが、それが全て正しいとは思いません。

時間が経ったら考えが変わるかもしれませんが、自分が理解して表現できていないのに、それを周りに伝えようとしても多分うまく行かない。

まずは、自分が表現できる様になってからです。

質問

改めて、ザックジャパンで過ごした1年間を、どう振り返りますか?

森重

ザッケローニ監督は、日本のサッカー文化に無かったものを、取り入れようとしてくれました。

日々の言葉の端々からは、日本の事を調べて学んでいる様子が伝わってきました。

日本人の特性を分かった上で、新しいサッカーを教えようとした監督だったと思います。

質問  この1年間、代表に入り続けて心境は変化しましたか?

森重

やっぱり、レギュラーになりたいという思いはあります。

ザックさんの下では、試合に出たり出なかったりでしたから。

質問

「日本代表はセンターバックが弱点だ」と言われる事については、どう思いますか?

森重

それは自分も理解しているし、反論はありません。

しっかりと認めた上で、自分がどういう仕事ができるのかを考えていきたい。

(2015年12月21日に作成)


サッカー 目次に戻る