W杯を終えて 岡崎慎司選手の話

(『ナンバー2018年1月18日号』から抜粋)

岡崎慎司

「南アフリカW杯(2010年)では、(出場したが)W杯を
 理解してなかった。

 ブラジル大会で初めて、他の大会と全く違うと痛感した。

 小さな不安が、いつも以上に大きな不安に変わってしまう
 んです。」

ブラジルW杯では、1ヵ月前から始まった合宿でハードな練習が続き、疲労がとれなかった。

岡崎

「ブラジルの暑さも想定外だった。
 走れないなぁという感覚がずっと残っていた。」

初戦(対コートジボワール)については、こう回想する。

「先制点は獲れたものの、うまく行ってないという空気が
 漂っていた。

 相手のサイドバックがけっこう上がってきたので、その対応に
 追われた僕もキツさを感じていた。」

前半は1-0で終えたが、ハーフタイムで「守り切るのは日本のスタイルじゃないだろう」との意見が出た。

「このまま守っていれば相手も焦ってくる。
 そこでカウンターを狙えばという気持ちもあった。
 でも言えなかった。

 結果的に(後半に)クロスボールから2失点したので、
 耐えきれなかったかもしれないけど、逃げ切る策もあった。

 チームがうろたえた時に、それを修正する行動やプレーを
 僕は起こせなかった。」

第2戦の対ギリシャ。
ザッケローニ監督はこれまで右で使ってきた岡崎を、左に置いた。

「右で崩して左で仕留めるという、アジア予選で作ってきた形だけ
 では、世界の舞台で戦えなかった。

 その打開策だったのかもしれないけど、いつもとは違っていた。

 新しい布陣に対応しようとしたが、ポジションにとらわれず、
 裏へ走るとか自分の強みを発揮すべきだったかもしれない。

 とにかく走りきるとか自分らしさを出せば、チームに変化を
 生み出すことができたかもしれない。」

結果として岡崎は、ここまでの2戦でシュートを1本も打てなかった。

第3戦の対コロンビアは、岡崎は1得点したが、日本は1-4で敗れた。

「足元では打開できないので、裏を狙い続けた。
 青山がそれを見て(パスを)くれた。

 第3戦では自分の良さは出せたが、総合的には力が足りないと
 感じる大会だった。」

コロンビア戦の終わった夜、岡崎の部屋に本田がやってきて2人で話した。

「選手起用やコンディションの話はなかった。

 2人とも、自分で何とかするために努力してきたから、
 他人のせいにはしなかった。

 僕たちには、別のプランや形がなかった。

 うまくいかない状況下で、グラウンドにいる選手たちは
 「じゃあこうしよう」との行動が起こせなかった。

 それが、この大会での一番の反省点。

 圭佑と一致したのは、もっと個を磨くべきだという事。

 ここでいう個は、身体能力や技術だけじゃなくて、行動や思考や
 意識も含まれる。

 自主性が高くないといけないから、自然と『日本の教育を
 変えなくちゃW杯には勝てない』という話になった。」

その後、岡崎はSNSでの発信を始めた。

「海外ではどんな思考でプレーしているかを、日本の若い選手に
 伝えたかった。

 どんな状況でも戦える選手になるために、僕がなにを考えて
 いるかを拡げたかった。」

しかし、今は発信回数が激減している。

「やっているうちに、試合後に反省するよりも、伝えることに
 生活の重点が置かれていると気付いた。

 日本代表でも、若手を育てなくちゃいけないと考え始めて、
 おかしな感覚に陥った。

 自分の欲が薄まっていると思ったし、僕の変な勘違いだった。

 レスターに移籍して貪欲さを思い出せた。」

ハリルホジッチ監督が就任して最初のミーティングでは、ブラジルW杯の日本代表の映像を見た。

ハリルは中央でボールを奪われる悪癖を指摘したが、岡崎は「このダメ出しから逃げちゃいけない」と思った。

その後、岡崎はレスターで磨いたものが評価されず、代表に招集されなくなっている。

「今、自分のキャリアでプレーは最も充実した状態にある。

 だから、ロシアW杯後の代表についても考えることがある。」

(2018年3月16日に作成)


サッカー 目次に戻る