戦術リストランテから学ぶ②
バルセロナ

(以下は『フットボリスタ2008年4月2日号 戦術リストランテ』から抜粋)

○バルセロナのサッカー・スタイル

ライカールト監督が率いる現在のFCバルセロナは、フォーメーションは4-3-3だ。

中盤の底(真中のMF)は、トゥーレ・ヤヤが定着した。

MFの前2枚(インサイド・ハーフ)は、シャビ、デコ、イニエスタの3人で切り盛りしている。

FWは3枚だが、エトー、アンリ、ロナウジーニョ、メッシ、ボージャン、ジオバニ・ドスサントスと多彩な選手がいる。

現在のバルセロナのサッカースタイルは、クライフが監督だった時に確立した。

クライフはとにかく攻撃的で、攻撃時に守備のため残る選手は3人ないしは2人だった。

守備の基本はマンマークで、入ってきた選手を捕まえるオランダ式だ。

だがクライフは、守備練習はほとんどしなかった。

クライフは3-4-3のフォーメーションを使い、3バックの前にいるアンカー(真中で低めのMF)は普通は守備力の高い選手にするが、クライフはパサーのグアルディオラを置いていた。

クライフの後任のファン・ハール監督は、ウイングの選手を利き足と同サイドに置く(右利きの選手は右サイドに、左利きの選手は左サイドに置く)のがクライフと違った。

クライフは、利き足と逆サイドに置くことが多かった。

クライフは意外と対戦相手を研究しており、弱点を見つけて突いていた。

相手DFを見て、スピードに弱いならストイチコフ、テクニックに弱いならラウドルップといった具合に配置していた。

バルセロナは練習でよく8対8をやるが、そこでコンビネーションを合わせている。

トライアングルを作れる関係性を練習している。

バルセロナの選手たちは、ボールをもらってトラップする段階で、どこのスペースが空くか分かっている。

ボールをもらう時点で、どこにパスを出すか決めているから、トラップして置く場所も決まる。

他のチームだと、ボールを何となくトラップしてから周りを見て、それからパスコースを決める。

作るスペースは、2mぐらいでいい。
そういう小さなスペースは、できたり消えたりが早いので、目視してからでは遅い。

バルセロナは、選手たちがスペースのイメージを共有しているので、細かいパスワークでつないでいける。
次の展開のイメージを共有しているのだ。

バルセロナの攻略法は、まずサイドで数的優位を作ることだ。

バルセロナの3トップは、自陣まで戻ってスペースを埋めることはない。
だからSBが上がれば、数的優位を作れる。

それにバルセロナはグラウンダーのパスばかり練習するので、サイドからの高めのクロスボールに弱い。

ライカールト監督のバルセロナが強かった時は、DFラインが高い位置にあった。

これはFWのエトーやジュリが前線で守備をしていたのが大きい。

しかし今は、FWのロナウジーニョやメッシが守備をしない。
こうなるとDFラインは上げられない。

でもバルセロナは、攻撃力のある選手は守備をしなくても起用するチームだ。

アンリがバルセロナで活躍できていないのは、前方に広いスペースがないからだ。

ロナウジーニョやエトーは狭いスペースでも活躍できるが、アンリはそうではない。

ライカールト監督になって5年目だが、(攻撃面の創造力を担っていた)ロナウジーニョの全盛期はすぎたので、1つのサイクルが終わったと言える。

バルセロナは、トップフォームの選手しか認めないチームだ。
マンUならば、ベテランのスコールズやギグスを温かい目で見守るが、バルセロナはレアルマドリードに比べても衰えた選手をすぐに切り捨てる。

クラブの功労者も簡単に切るので、スター選手が去る時はほとんどがケンカ別れとなる。

だから1つのサイクルが終わると騒動になり、チームも調子を落とすことになる。

余談だが、バルセロナは1999年に創立100周年イベントとして、ファン投票で歴代ベストプレイヤーを決めた。

選ばれたのは、ラディスラオ・クバラだった。

クバラは1950年代に活躍した人で、チェコ、ハンガリー、スペインの3つの国で代表歴がある。

引退後には、スペイン代表監督を10年つとめた。

(2024年7月8日に作成)


『サッカー』 目次に戻る

『サイトのトップページ』に行く