アルジェリアの近代史

(毎日新聞2012年7月5日から抜粋)

1830年 6月

  オスマン帝国属領だったアルジェリアに、フランス軍が上陸。
  翌月にアルジェが陥落。

  48年11月

  フランス政府は公式に、アルジェリアはフランス領だと宣言。

1954年11月

  アルジェリア民族解放戦線(FLN)が蜂起する。
  アルジェリアの独立戦争が始まる。

   100万人の犠牲者を出す大戦争となる。

1962年 7月

  アルジェリアとフランスはエビアン協定を結び、戦争が終結。
  フランスからの独立を成し遂げる。

  エビアン協定では、「裁判で双方の責任を追及しない」と規定された。

  フランス軍側で戦ったアルジェリア人は「アルキ」と呼ばれ、独立当時には26万人
  いた。
  アルキのうち、6~8万人がFLNに殺され、5万人がフランスに亡命した。

  独立後は、軍が強大化して独裁政権が続くことになった。

1991年12月

  初の民主的な選挙で、イスラム救国戦線(FIS)が圧勝。

  92年 1月

  イスラム政権の誕生を恐れた軍が、クーデターを起こす。
  軍は非常事態を宣言し、選挙を無効とした。

  内戦に突入。
  99年の終結までに、15万人が犠牲となる。

  軍がクーデターをして選挙を無効とした際に、欧米は黙認した。
  これにより、イスラム勢力の攻撃は欧米にも向かうことになり、他国のイスラム
  戦士達が武装イスラム組織に合流した。

  これが、90年代以降のアラブや欧米でのテロに繋がった。

1999年 4月

  現職のブーテフリカ大統領が当選。

  99年 6月

  イスラム原理主義勢力が、武装闘争の放棄を宣言。


世界情勢の勉強 アルジェリア 目次に戻る