人口は5千万人で、80%はアフリカ人
アフリカーナー(ボーア人)とは

(『南アフリカを知るための62章』から抜粋)

南アの人口は、2008年時点で4870万人です。

多数を占める人種は、バントゥー系の言葉を話す「アフリカ人」です。(79.2%)

「カラード」は、混血の人々を指し、9%を占めています。

「インド人」は、インドから移住してきた人々の子孫で、2.6%を占めます。

アフリカ人、カラード、インド人を合わせて、「黒人」と呼ぶ事もあります。
これは、黒人意識を高める運動での用語法です。

「白人」は9.2%を占め、アフリカーナーが3分の2、イギリス系が3分の1です。

「アフリカーナー」とは、オランダから移民してきた人々の子孫で、オランダ系の白人移民です。
彼らは、かつては「ボーア人」と言われていました。

狩猟採集民については、「ブッシュマン」などの呼称がありますが、蔑称のニュアンスがあります。


世界情勢の勉強 南アフリカ 目次に戻る