メディアの現状
51%の家庭には本が1冊もない

(『南アフリカを知るための62章』から抜粋)

かつてのアパルトヘイト時代は、政府は検閲制度を強化して、言論の自由を侵害していました。

現在は、憲法で言論の自由が保障され、マスメディアの発展は目覚しい。

全国紙はまだ無くて、80種類もの新聞が各地で発行されています。

8割が英語紙で、アフリカ民族語の新聞は数えるほどです。

新聞を自宅に配達してもらっているのは、富裕層のみです。

ラジオは、大普及しています。

文字の読み書きが出来ない人などへの貢献は大きい。

TVは成人の89%が視聴しており、毎日見ている人は人口の3分の1ほど。

本は、値段が高いため、4%の人しか買えない状況です。

51%の家庭には、本が1冊も無い。

最近は、各民族語の本も増えてきています。


世界情勢の勉強 南アフリカ 目次に戻る