憲法で男女の平等が認められ、女性の政界進出が目覚ましい

(『南アフリカを知るための62章』から抜粋)

南アの黒人女性は、アパルトヘイト体制で抑圧を受け、さらに家父長制度のもとで男性に管理されていました。

新しい憲法の下では、男女平等が明記されています。

1997年4月には、「ジェンダー平等委員会」が設置され、社会が男女平等の促進をチェックする事になりました。

この後、女性の政界進出は目覚しく進展しています。

女性国会議員の比率は、27.7%に増加し、女性議員の数は世界141位→7位になりました。

現在はさらに増え、2004年には女性大臣が14人となり、閣僚の44%を占めるまでになっています。


世界情勢の勉強 南アフリカ 目次に戻る