宗教 キリスト教徒が人口の8割を占めるが、様々な宗派がある

(『南アフリカを知るための62章』から抜粋)

南アでは、キリスト教徒が8割を占めています。

しかし、その内実は多様です。

南アのキリスト教会は、「白人入植者が拓いた教会」と、そこから独立し「土着の文化と融合した独立協会」に分けられます。

代表的な独立協会である「ザイオン・キリスト教会」は、500万人の信徒を抱え、南アで最大です。

ローマ・カトリック(320万人)、オランダ改革派(300万人)、メソディスト(300万人)が、それに続きます。

近年は、異言や癒しを重視する「ペンテコステ=カリスマ派」が、目覚しく信徒を増やしています。

多くの黒人キリスト教徒は、キリスト教の信仰と呪術とが、心の中で自然に同居しています。

オランダ改革派は、アパルトヘイト時代には国民党政権(白人政権)を支えました。

独特の教義によって、アパルトヘイトを正当化しました。

注意しなければいけないのは、教派によってアパルトヘイトへの態度が一様に決まっていたのではない事です。

オランダ改革派の中にも、果敢にアパルトヘイトに立ち向かった人は居ました。


世界情勢の勉強 南アフリカ 目次に戻る