コロンビアの財閥 貧富の格差は世界で第7位

(『コロンビアを知るための60章』から抜粋)

コロンビアの財閥で代表的なのは、「アバル」「マリオ・サントドミンゴ」「コロナ」「カルバハル」です。

フォーブスによると、最も金持ちなのは、カルロス・サルミエントです。
推定資産は、55億ドル。

彼の企業グループは、アバル・グループと言います。
メインは、金融と建設の事業です。

その次に金持ちなのは、マリオ・サントドミンド。
推定資産は、54億ドル。

事業は、ビール業・テレビ局・石油など。

コロナは、家の建築に関連した材料を生産し、チェーン店で販売しています。

商品は、各国に輸出されています。

コロンビアは、貧富の格差がとても大きいです。

2008年のジニ係数は0.58で、世界で7番目に格差が大きい。

(2013年6月3日に作成)


世界情勢の勉強 コロンビア 目次に戻る