麻薬カルテルの歴史 麻薬戦争
麻薬カルテルはもう存在していない

(『コロンビアを知るための60章』から抜粋)

1970年代の半ばに、コロンビアの麻薬産業はマリファナから、利幅の大きいコカインに
シフトしました。

この背景には、コカイン市場を牛耳っていたキューバで革命が起き、キューバでコカインを取引できなくなった事がありました。

コロンビアでコカイン取引が活発になると、その中で「メジデン・カルテル」と「カリ・カルテル」が台頭します。

メジデン・カルテルは、80年代初めにはパブロ・エスコバルをボスにして、巨大組織に成長します。

コロンビアは、コカインの原料であるコカの大産地であったペルー&ボリビアと、コカインの最大消費国であるアメリカの、中間に位置していました。

二大カルテルは、この地の利を生かして、コカインの流通を支配しました。

メジデン・カルテルが重武装するきっかけとなったのは、81年末にオチョア一家のボスであるルイス・オチョアの妹が、M-19(ゲリラ組織)に誘拐された事でした。

メジデン・カルテルは、MASという武装集団を組織して、M-19に報復をしました。

数十人以上のM-19メンバーが殺されたといいます。

(オチョア一家は、メジデン・カルテルの重要なメンバーでした)

1989~93年には、「麻薬戦争」が起きました。

この戦争の起こりは、84年にロドリゴ・ララ法相が暗殺された事件です。

79年にトゥルバイ大統領は、アメリカと「麻薬関連犯罪人の引き渡し協定」を結びます。

(これは、重要な麻薬犯罪人を捕まえた時はアメリカに引き渡す、という協定です)

当初は、カルテルは政治家や役人を買収して凌いでいました。

しかし82年に法相となったララは、「協定を厳格に適用する」と宣言します。

アメリカに引き渡されるのを恐れたマフィア達は、買収の効かないララを暗殺しました。

ララの暗殺により、ベタンクール大統領は、マフィアとの全面対決を明言します。

この後、カルテルによるテロの嵐が吹き荒れました。

85年には、カルテルから巨額報酬をもらったM-19は最高裁判所を襲い、77名が犠牲になりました。

87年には、オヨス検事総長が暗殺されました。

89年には、大統領の最有力候補となっていた、故ララの盟友ガランが暗殺されました。

政府はカルテルと闘い、87年にはメジデン・カルテルの最高幹部カルロス・レデルを逮捕して、アメリカに引き渡しました。

89年にも、同カルテルの最高幹部ロドリゲス・ガチャを殺害しました。

政府は91年に憲法を改正して、アメリカへの引渡しを禁止します。

これにより、マフィアの投降が相次ぎました。

最後まで抵抗していたパブロ・エスコバルは、93年に特殊部隊に射殺されました。

オチョア兄弟も投獄され、メジデン・カルテルはほぼ壊滅し、麻薬戦争は終結しました。

エスコバル射殺の陰には、カリ・カルテルからの情報提供があったといいます。

カリ・カルテルは、メジデン・カルテルが壊滅したために、90年代前半にはコカイン密輸の8割を押さえ、一気に世界最大の麻薬組織になりました。

カリ・カルテルは、犯罪集団「ロス・チェマス団」がその前身で、ロドリゲス兄弟を中心にしていました。

94年に当選したサンペール大統領は、カリ・カルテルから600万ドルもの選挙資金を受け取っていたという疑惑が明るみにでました。

サンペールは疑惑を払拭するために、ロドリゲス兄弟を含む最高幹部を逮捕します。

これにより、カリ・カルテルは90年代後半には解体しました。

これ以後は、麻薬マフィアは群小組織による割拠状態です。
マフィアたちは、「小回りのきく組織の方が得策だ」と判断しているようです。

現在では、コカイン産業はマフィアよりもゲリラと結びつき、ゲリラが資金源として活用しています。

(2013年6月8日に作成)


世界情勢の勉強 コロンビア 目次に戻る