コカイン産業の解説

(『コロンビアを知るための60章』から抜粋)

最初にコカインを牛耳っていたのは、キューバのマフィアでした。

彼らは米国のマフィアと結託して、米国のコカイン市場を支配しました。

1959年にキューバで革命が起きて、カストロ政権が誕生すると、キューバ・マフィアは
駆逐されます。

そして今度は、コロンビアがコカイン密輸の場所となったのです。

なぜコカインが巨額の利益を生むのかを、ここで説明します。

コカとは、南米原産の常緑の小低木です。

19世紀半ばに、コカの葉に含まれるアルカロイドから、コカインの精製に成功しました。

コカインは、やがて麻薬として流通し始めます。

コカインの原料となるコカは、コロンビア、ペルー、ボリビアの3カ国のみで栽培されます。

コカの葉は、灯油・水・炭酸ナトリウム・硫酸に浸して、ペースト状にします。
これを、コカ・ペーストと言います。

これに薬品を加えて精製すると、コカインになります。

コカの栽培は、ボリビアの一部を除いて、3ヵ国のすべてで非合法です。

麻薬組織は、コカの葉を農民に収穫させて、買い付けます。
その価格は、驚くほど安い。

1kg当たり1ドル位のコカの葉は、コカ・ペーストにされた段階で1kg400ドルになる。

コカインに精製されて米国に密輸されると、1kgで4000ドルになる。

さらに街頭で密売される価格は、1kgで3.6万ドルになる。

1kg当たり1ドルのものが、最終的に3.6万ドルになるのです。

恐るべき高付加価値商品です。

コカ栽培は1980年代には、ペルーが55%、ボリビアが35%、コロンビアが10%でした。

しかし、コロンビアは耕地を増やし、2000年には70%を占めるようになります。

南米から米国への密輸ルートは、陸路ならメキシコ、海路ならカリブ海です。
いずれの場合でも、コロンビアが最適の位置にあります。

コロンビアの麻薬組織は、90年代からメキシコの組織と連携して、米国への密輸の主導権を握っています。

米国がコカイン消費国となったのは、ベトナム戦争がきっかけです。

ベトナムに派兵された若者たちは、死の恐怖を忘れるために、マリファナを喫煙しました。
そして、麻薬常習者となって帰ってきたのです。

こうして、米国の若者に麻薬が拡がりました。

70年代後半から、コカインは本格的に米国に入ってきました。

80年代半ばに、コカインの派生品で、より安価な「クラック」が登場し、社会全体に拡がりました。

麻薬などの犯罪で儲けた金は、貴金属などの贅沢品や、マネーロンダリングのための不動産売買に、大半が使われます。

しかし、90年代以降のコロンビアでは、政府による自由市場経済と民営化の政策の中で、
相当額が還流して建設業や観光業などのオモテの産業に投資されました。

(2013年6月8日に作成)


世界情勢の勉強 コロンビア 目次に戻る