反政府ゲリラ FARC、ELN、M-19

(『コロンビアを知るための60章』から抜粋)

1959年のキューバ革命は、中南米諸国に決定的な影響を及ぼしました。

最大の影響は、各国に反政府左翼ゲリラが誕生した事です。

左翼ゲリラは、南米では軍事政権下で制圧されて消滅していきました。

中米では、左派政権の誕生や和平協定の成立によって、政党へと姿を変えています。

コロンビアで現在も活動中のゲリラは、2つだけです。

この2つにすでに政党化したM-19を加えて、解説します。

① コロンビア革命軍(FARC)

1959年のキューバ革命後は、共産主義イデオロギーがいっそう農民層に浸透していき、
各地に農民共同体が生まれます。

マヌエル・マルランダが中心となって、トリマ県で結成された農民共同体が「マルケタリア
独立共和国」でした。

政府は64年に、独立共和国の殲滅に乗り出します。

マルケタリア独立共和国も襲撃され、マルランダら48名はメタ県に落ち延びて徹底抗戦を決議しました。

これが、南米最大のゲリラとされる「コロンビア革命軍(FARC)」の起源です。

FARCが正式に発足したのは66年で、82年には「人民の軍隊」を意味するEPを付け加えて、「FARCーEP」となりました。

このゲリラの特色は、インテリや労働者出身がおらず、メンバーの90%が地方の農民で占められている事です。

また、女性兵士が30%を占めているのも特色です。

兵士は、70年代初めには千人だったが、80年代終わりには4千人、絶頂期の00年代
初めには1.7万人となりました。

現在は、1万人と推定されています。

活動は、テロと要人誘拐で、90年代は収入の44%が身代金誘拐でした。

もう1つの資金源は、麻薬です。
自前で麻薬の密売・密造に乗り出し、現在は最大の収入源となっている。

84年にFARCは、当時のベクンタール政権と停戦協定を結び、85年には「UP」という政党を結成しました。

しかし、UPは90年までの5年間に、2人の大統領候補を含む3500人もの党員が暗殺されてしまいました。

このため、停戦協定は破棄されました。

99年にパストラナ政権は、非武装地帯を設置して、FARCと停戦協定を結びます。

非武装地帯は軍・警察の立ち入りを禁止にして、FARCの聖域を作りました。

しかし政府は、02年2月に停戦協定を破棄しました。

ウリベ政権の8年間は、ゲリラを武力鎮圧する姿勢を貫きます。

08年には、指導者のマルランダが戦死しました。
FARCは弱体化してきています。

② 民族解放軍(ELN)

都市部のインテリと中間層を中心としたゲリラ組織です。

起源は、キューバ革命の影響を受けてキューバでゲリラ訓練を受けた学生たちが、1963年に結成した組織です。

64年7月に、ELNに改組されて、ゲリラ活動を開始しました。

指導者の中で異色だったのは、富裕層の出身でカトリック神父のカミロ・トーレスです。

彼は社会改革を主張し、ELNに参加したが、66年に戦死しました。

若い現役の神父のゲリラ参加は、社会に大きな衝撃を与え、トーレスはELNでは英雄になっています。

ELNは、石油産業を攻撃して体制に打撃を与えようとする所に、特徴があります。

コロンビアの東北部は油田地帯で、油送管がアメリカ資本の協力により、80年代に整備されました。

ELNは、この油送管を狙って破壊活動をくり返し、石油企業からお金を脅し取るのを
最大の資金源(40%)にしています。

誘拐と麻薬でも収入を得ているようです。

ELNの兵力は、70年代は500人以下でしたが、90年代初めに2000人、
2000年には4500人となりました。

しかし、パラミリターレスの攻撃により、現勢力は3000人に減少しています。

2002年頃からは、FARCと共闘するようになり、FARCへの依存を強めています。

05年からは、キューバの仲介で、政府との和平交渉を進めています。

③ 4月19日運動(M-19)

FARCとELNが社会主義を志向するゲリラなのに対し、M-19は「反米反共の民族主義」を標榜しています。

創設のきっかけは、1970年の大統領選挙です。

この選挙では、かつての軍事独裁者ロハス・ピニージャが優勢でしたが、パストラナ候補側が不正な選挙で勝利しました。

これに怒った首都ボゴタのインテリ民族主義者たちが、権力奪取のために72年に創設したのです。

M-19は、80年2月に、ドミニカ大使館の占拠事件を起こして、世界中に名を知られます。

85年11月には、麻薬マフィアからの依頼を受けて、最高裁判所の襲撃事件を起こしました。

政府は軍隊を用い、38名のゲリラは全員戦死したが、最高裁長官など77人が犠牲となりました。

この襲撃事件で疲弊したM-19は、政府と和平交渉を開始しました。

そして89年に和平協定を結び、90年からは政党「AD・M-19」を結成して、選挙に参加しています。

(2013年6月10日に作成)


世界情勢の勉強 コロンビア 目次に戻る