国内避難民が370万人もおり、世界で第2位の多さ

(『コロンビアを知るための60章』から抜粋)

コロンビアでは内戦が長く続いているため、国内避難民は370万人以上もいると言われています。

その多くが、貧しい農民、黒人、先住民などの、富の分配から排除されてきた人々です。

コロンビアの国内避難民には、自然災害の被害者は含まれていません。

総人口は4550万人なので、8%ほどの人が避難民になっているのです。

コロンビアは、スーダンに次いで世界で2番目に国内避難民が多い。

だが、難民キャンプは無いです。

難民たちは、大都市に来て、物乞いをしたり政府の支援を受けたりします。

国内避難民は、1985年頃から深刻化していたが、政府は具体策を検討するようになったのは95年からでした。

97年に法律第387号が発布されて、具体的な支援に取り組むことになりました。
それまでは、政府の支援はまったくありませんでした。

2004年にコロンビア憲法裁判所は、「政府が必要な支援を行っていない事は、憲法違反だ」と判決を下しました。

従来は、国内避難民は身分を明かすことで命に危険が及ぶこともあるため、インタビューでも顔を隠したりする事がありました。

近年は、表に出るリーダーも出てきています。

(2013年6月11日に作成)


世界情勢の勉強 コロンビア 目次に戻る