プラン・コロンビア(麻薬産業を壊滅させるための国策)

(『コロンビアを知るための60章』から抜粋)

1998年の大統領選に勝利したパストラナは、政権の目玉として『プラン・コロンビア』を打ち出します。

そして、99年9月に政府によって策定されました。

同プランは、「紛争や内戦の原因は、麻薬の密造・密輸である」と断定し、麻薬マフィアを壊滅させ、弱体化したゲリラとは和平交渉をする事を目指しました。

現実的な目標としては、6年間で麻薬を5割減らすことが設定されました。

プラン・コロンビアは、米国と協力体制を取りました。

しかし米国の援助に頼った計画になってしまい、しかも米国からの援助は
「武装ヘリコプターの供与」「軍事顧問の派遣」「コロンビア軍の訓練」など、
軍事色の濃いものでした。

米国のクリントン政権が支援をした理由には、コカインとその廉価版であるクラックの蔓延がありました。

米国に密輸されるコカインの80~90%が、コロンビア産と推定される状況を鑑みて、
コロンビアの麻薬生産を撲滅しようとしたのです。

2001年に9.11事件が起きると、ブッシュ政権は支援をさらに軍事的なものにし、
コロンビアのゲリラ組織をテロ組織に指定して、殲滅しようとします。

これに対して、各国から「武力を用いるのは、紛争を激化させるだけだ」との批判が出ました。

麻薬栽培への対策は、「上空からの農薬散布」が主力でしたが、環境汚染と人体への被害が
問題視されています。

さらには、紛争の原因には社会や経済の問題があるのに、原因を麻薬のみに単純化する事への批判もあります。

プラン・コロンビアは06年に終了しましたが、コカイン生産高は横ばいで、成功したとは言えません。

07年にウリベ政権は、第二のプラン・コロンビアを発表しました。

今度のプランは、社会開発に重点を置いたものになっています。

(2013年6月11日に作成)


世界情勢の勉強 コロンビア 目次に戻る