第3の都市カリ

(『コロンビアを知るための60章』から抜粋)

カリは、コロンビア農業の拠点であり、国内最大の港ブエナベントゥーラがあります。

16世紀の中頃からサトウキビ栽培で発展して、人口218万人を擁する第3の都市へと成長しました。

サルサの聖地としても知られ、人々は音楽とダンスを好みます。

市内には、様々な音楽を聴かせる店が軒を連ね、演奏家は腕を競います。

その一方で、武装勢力が活動しており、治安はまだ悪いです。

(2013年6月21日に作成)


世界情勢の勉強 コロンビア 目次に戻る