切り花の輸出では世界第2位

(『コロンビアを知るための60章』から抜粋)

コロンビアは切り花の輸出大国で、オランダに次ぐ世界第2位です。

カーネーションは世界一で、日本でも最大のシェアを占めています。

コロンビアの切り花が高い競争力を有するのは、「四季がなく1年中安定した気候」
「日中の気温の変化が大きい」「労働者たちの勤勉さ」があるからです。

コロンビア産の花の98%が、輸出に向けられています。

花卉(花の咲く草のこと)の栽培が本格的に進められるようになったのは、約35年前です。

日本やアメリカに対しては、第1位の花卉供給国となっています。

コロンビアの花の種類は、5万種にも及びます。
背景には、多様な地形があります。

(2013年4月3日に作成)


世界情勢の勉強 コロンビア 目次に戻る