コカインの半分がコロンビアで密造されている

(『コロンビアを知るための60章』から抜粋)

コカとは、南米原産の常緑の小低木です。

19世紀半ばに、コカの葉に含まれるアルカロイドから、コカインの精製に成功しました。

コカインは、やがて麻薬として流通し始めます。

2009年にコロンビアは、世界のコカイン生産の51%を生産しました。

コカの栽培地の半分が、コロンビアに存在しています。

コロンビアは、多くの先住民がコカを利用してきたペルーやボリビアとは異なり、
昔からのコカ生産国ではありませんでした。

コカインビジネスが盛んになった1980年代でさえ、ペルーやボリビアのコカが密輸入されて、それがコロンビアでコカインに精製されていたのです。

1990年代後半に政府の取り締まりで密輸入が途絶えると、国内でのコカ栽培が急増します。

コカは、最初の葉の摘み取りまで8ヶ月を要し、その後は年間に2~6回の収穫ができます。
コカには、数多くの品種があります。

コカ栽培は多くの人の手を必要とするため、賃金労働者が欠かせません。

収穫されたコカの葉は、ガソリン・石炭・アンモニアなどを使って、コカ・ペーストへと加工されます。

コカ・ペーストからコカインへの精製は、精密な加工プロセスを必要とするため、農村では行われません。

コカ対策は、大きく2つに分かれています。

一つは「除草剤の飛行機による散布」です。
これは、環境破壊をまねいています。

もう一つは「農家のコカ放棄を促すプログラム」です。

これは、代替作物を導入できるように支援をするものです。

(2013年4月3日に作成)


世界情勢の勉強 コロンビア 目次に戻る