ロシアは、「東方シフト」の方向を打ち出している

(『毎日新聞 ロシアNOW』から抜粋)

ロシア政府は昨年、『東方シフト』という新たな方向を打ち出し、『極東発展省』を創設した。

以下は、極東発展相のビクトル・イシャエフ氏が、極東について語ったインタビューからの抜粋である。

「昨年は国家予算から23億ドルが、極東に割り当てられました。

 極東の経済成長は、国内平均を上回っています。

 しかし原料に依存しており、輸出の90%は化石燃料です。

 サハリンのようにLNG工場を建設して、日本や韓国に
 輸出することが必要です。

 日本は天然ガスを必要としており、ヤクーチャやイルクーツク
 の産地に関心を示しています。

 中国は生物資源を求めており、まだ捕獲されていない魚を、
 一定の価格で買い占めています。

 韓国へ至るガス・パイプラインの建設が始まります。
 北朝鮮を経由するので、北朝鮮に通過料として1億ドルを
 払います。

 輸送インフラの発展が必要です。シベリア鉄道の現代化や、
 第二バム鉄道の建設が必要です。

 日本や中国といった巨大な市場が近くにありますから、
 極東を食糧基地にすることがきます。

 極東は土地も豊富で、ロシア国土の36%を占めます。

 現在、国が33億ドルを投資し、その5倍を投資家が投資
 しています。
 外国の投資家が10%で、残りはロシアの投資家です。」


世界情勢の勉強 ロシア 目次に戻る