チベット自治区
中国が占領して、武力で保護地域にした

(『世界がわかる!』から抜粋)

1949年に共産党の中華人民共和国が誕生すると、共産党は「チベット人民を解放する」と称して、チベットに攻め込み占領した。

そして1951年に、武力を背景にしてチベットを中国に組み込み、保護地域にした。

チベット人は反発し、59年には大規模な反対運動をしたが、中国政府は武力で弾圧して虐殺を行った。

チベット人の指導者だったダライ・ラマは、この時にインドに亡命した。

中国政府は、チベットに漢民族を移住させて、支配を強化してきた。

チベットの役人は、全員が漢民族である。
観光ガイドも、漢民族が担当している。


世界情勢の勉強 中国 目次に戻る