悲惨な状況にある都市カラチ

(毎日新聞2013年6月4日から抜粋)

パキスタン南部にある大都市カラチの周辺は、武装勢力「パキスタン・タリバン運動」に支配されている事が、分析で判明した。

タリバンはカラチを標的にしており、市内の治安は戦場と同じになっている。

2万人の武装勢力がカラチの内外に潜伏しているという。

パキスタン・タリバンは、2012年7月頃からカラチでテロを激化させた。

パキスタンで最大の商業都市であるカラチが、武装勢力に支配されると、経済は大打撃となる。

カラチでは、過去2年で3000人以上がテロの犠牲になっている。

パキスタン・タリバンはスンニ派のため、シーア派の住民を攻撃している。

昨年は400人以上のシーア派住民が殺害された。

今年もすでに300人近くが殺されている。

国の人口の2割にすぎないシーア派は、各地に居住区を作っている。

その居住区がターゲットになっている。

宗派間の対立は、1947年のパキスタン独立の頃には無かった。
建国の父ジンナーは、シーア派であった。

それが、ソ連のアフガン侵攻(1979年)からおかしくなった。

ソ連と戦わせるために、アメリカはパキスタン政府に巨額の資金を渡して、イスラム聖戦士(ムジャヒディン)を集めさせた。

(このムジャヒディン集団で財務を担当したのが、オサマ・ビン・ラディンです)

当時のハク大統領は、社会のイスラム化を進めて、過激な思想を広めた。

そしてパキスタンに入った聖戦士たちは、過激なスンニ派思想をもたらした。

いま首相復帰が予想されているシャリフ首相(63)は、ハクに気に入られて台頭した人物である。

アフガニスタンのタリバンを1997年に政権として承認したのは、当時の首相だったシャリフである。

(2016年10月31日に作成)


世界情勢の勉強 パキスタン 目次に戻る