アフガニスタンは大山岳地帯の国

(『世界の紛争イスラム・アメリカの対立』から抜粋)

アフガニスタンには、北東から南西にかけて、非常に大きな山脈が走っている。

そこでは一番低い峠でさえも、標高3000mを超える。

首都カブールの北部は、標高6000mの山岳地帯である。

かつてアフガンを支配していたソ連は、1964年にサラン・トンネルを造り、アフガンの南北をつないだ。

しかし1990年代の中頃にトンネルは爆破され、不通になってしまった。

再び開通したのは、2002年1月20日のことである。

アフガンは、大山脈が横たわっているため、南部と北部では地質的にも民族的にも大きく異なっている。

(2013年4月3日に作成)


世界情勢の勉強 アフガニスタン 目次に戻る