北部同盟(タジク人・ウズベク人・ハザラ人の同盟組織)

(『世界の紛争イスラム・アメリカの対立』から抜粋)

北部同盟は、アフガン北部に住む、タジク人、ウズベク人、ハザラ人の3勢力によって構成されている。

アメリカがアフガンに侵攻した際に、タリバン壊滅に重要な役割を果たした。

この3勢力は、1996年にタリバン政権が誕生すると、国土の10%ほどの北部地域に追い込まれていった。

彼らは、「反タリバン」という事で結束(同盟)したのだ。

北部同盟には、パシュトーン人は全く参加していない。

(※タリバンは、パシュトーン人のイスラム原理主義者がつくった)

タジク人はタジキスタンの支援を受けており、ウズベク人はウズベキスタンの支援を受けている。

タジキスタンとウズベキスタンは、両国ともロシアをスポンサーにしている。

ハザラ人はイスラム教のシーア派なので、同じシーア派のイランから支援を受けている。

(2013年4月5日に作成)


世界情勢の勉強 アフガニスタン 目次に戻る