パキスタンの介入

(『世界の紛争イスラム・アメリカの対立』から抜粋)

パキスタンは、自国の安全保障の一環として、アフガン情勢を重視してきた。

(パキスタンとアフガニスタンは、隣国同士です)

パキスタンは、アフガン北部のタジク人・ウズベク人・ハザラ人が力を持つと、そのスポンサーであるロシアとイランの影響力が増すため、パシュトーン人組織のタリバンを強力に支援してきた。

タリバン崩壊後の政権でも、パシュトーン人が主体になる政権ができる事を望み、アメリカにもその旨を何度も伝えている。

(2013年4月9日に作成)


世界情勢の勉強 アフガニスタン 目次に戻る