米国ブッシュ政権による侵攻と、その失敗

(『世界の紛争イスラム・アメリカの対立』から抜粋)

米国のブッシュ政権は、「アルカイダを壊滅するには、まずタリバンを倒す必要がある。だから、タリバンを倒す。」と宣言し、アフガンに侵攻してタリバン政府を倒した。

しかし、タリバン打倒後のアルカイダ殲滅は上手くいっていない。

タリバンの残党とアルカイダは、山岳地帯に逃げ込んだ。

アフガン国土の半分以上は、高度2000mを超える山脈である。
そこには、数千の村落と無数の洞窟がある。

米軍は「しらみ潰しに平定していく」と宣言し、平定作戦を行ったが、上手くいかなかった。

(2013年4月9日に作成)


世界情勢の勉強 アフガニスタン 目次に戻る