タイトルシリアの内戦

(『毎日新聞2013年4月4日から抜粋)

シリアの内戦では、今年(2013年)3月の死者数は6005人で、内戦開始後で最悪となった。

3月までの合計死者数は6万2千人に上るが、確認できない事例も含めれば12万人だという。

この内戦は、政府軍はロシアが支援し、反体制側はサウジやカタールが支援している。

反体制派には、アルカイダ系のイスラム過激派も加わっている。

反体制派のうちイスラム勢力は、反体制派の統一組織である「シリア国民連合」と目指す国家像が異なる。
だから将来の対立が懸念される。

他にもクルド人の勢力が、シリアの東部や北部の一部を支配している。

隣国のトルコでは3月に、分離独立の運動を続けてきたクルド労働者党(PKK)が、武装停止の宣言をしている。


目次【シリア】 目次に戻る

目次【世界情勢の勉強 西アジア(中東)】 目次に戻る

目次【世界情勢の勉強】 トップページに戻る

home【サイトのトップページ】に行く