フランシスコ法王について

(毎日新聞2013年3月30日から抜粋)

先日に新しい法王フランシスコに就いたホルヘ・ベルゴリオは、「洗足式」を行い、少年院で12人の足を洗った。

出席者には、少女やイスラム教徒も含まれていた。

洗足式は教会で行われるのが通例で、少年院では初めてだった。

儀式では、法王は1人1人の前でひざまずき、水で清めた足に口づけをした。

そして「足を洗う行為は、『あなたのために奉仕しています』という事であり、お互いに助け合わなければならないという意味なのだ」と述べた。

(毎日新聞2013年4月4日から抜粋)

法王フランシスコは、就任以来、法王を名乗らず、一貫して「ローマ司教」という呼称を使っている。

法王の豪華な居室に引っ越さず、離れの別棟で暮らしている。

4月3日の一般謁見では、「女性の役割」を強調した。

このような態度には、「大衆迎合は時間の無駄」との声も出ている。


『キリスト教』 目次に戻る

『宗教・思想の勉強』 トップページに行く

『サイトのトップページ』に行く