ナセルが主導して『エジプト共和国』を建国する

(中東戦争全史 山崎雅弘著から抜粋)

クーデターでファルーク国王を追い出したナセルは、ネギブ中将(ナギーブ将軍)をトップに担ぎ、改革を行っていきます。

ナセルはまず、『土地改革法』を制定して、地主や貴族の搾取から農民を解放しました。

続けて1953年6月には、王制を廃止して、『エジプト共和国』の建国を宣言します。

ネギブが臨時大統領となり、ナセルは副首相兼内相となりました。

この建国は、アレキサンダー大王のエジプト征服以来ずっと失われていた「エジプト人自身による統治」が、2300年ぶりに実現したものです。

旧支配層との関係を深めたネギブは、ナセルの改革に危機感を抱き、「ムスリム同胞団」を使って、ナセルを暗殺しようとします。

54年10月26日に、演説するナセルに向けて、数発の銃弾が放たれます。

弾はナセルの身体をかすめて、頭上の電球を破裂させたが、彼は演説を続けました。

この事件によりネギブは失脚して、ナセルは「不死身の英雄」として国民の支持を集め、
初代大統領に就任しました。

(2014.2.24.)

(インテリジェンス 闇の戦争 ゴードン・トーマス著から)

ナセルは民衆の人気を元に大統領となったが、その裏には連日のように大報道キャンペーンを行って後押しするカイロのある新聞の存在がありました。

実は、その新聞社のオーナーは、CIAのエージェントだった。

(CIAはナセルを支援していました。それについては、こちらを見て下さい)

(2015.5.13.)


エジプト史 目次に戻る