韓国史
日本の植民地時代〜第二次大戦の終結まで

       朝鮮総督府の設置  警察・軍隊・憲兵による恐怖統治

       日本は土地調査を行って、日本人所有地を大拡張する

独立運動が盛り上がり、日本は統治手法を切り替える 中国で大韓民国臨時政府が樹立する

     日本が民族的活動を部分的に認めたため、様々な活動が活発化する

       武装独立軍が組織され、抗日闘争を展開する

       日本の支配下で、都市は急速に近代化する

       1920年代に入ると、大衆文化が発展する

       国外への移住者が多数生まれる

       朝鮮人は日本人になる事を強要され、戦争に動員させられる

      抗日勢力は、ソ連・中国・米国などから支援を受けて活動をする


韓国史 トップページへ戻る