本物の知識人への弾圧は、ずっと続いてきた

(『チョムスキー、世界を語る』から抜粋)

チョムスキー

    聖書に出てくる「預言者」とは、実は「知識人」のことです。

    ヘブライ語の聖書には「ナビ」という単語が出てきて、「預言者」と訳されますが、実は
    「知識人」を指す語なのです。

    彼らは情報を収集し、人間の問題に真剣に取り組みました。

    ところが現代の「著名な知識人」は、これとは全く別の存在です。

    彼らは、それぞれの権力構造の中にいます。

    預言者と呼ばれた人たちは、政治や道徳の問題の解決に尽力しました。

    しかし、彼らは人々の憎しみを買い、投獄されたり追放されたりしました。

    というのも、彼らは反体制的な存在だったからです。

    何世紀も経ってから、彼らの価値が認められ、預言者となったのです。

    20世紀においても、知識人はソ連圏では投獄され、アメリカ圏では暗殺されました。

    例えば、エルサルバドルの6人のイエスズ会士がそうです。

    彼らは、アメリカ軍の訓練を受けた特殊部隊に射殺されました。

    (1981〜92年のエルサルバドルの内戦において、アメリカは軍事政権を支持した。
     そして兵士をアメリカで訓練した。

     内戦では8万人が死に、89年11月にはイエスズ会士の暗殺事件もあった。

     中南米では、神父が社会改革の先頭に立つことが多い。)

    知識人への弾圧は、スターリン後のロシアよりも、現在のアメリカ圏のほうがずっと酷いです。

    アメリカ国民が、このイエスズ会士の暗殺事件を知っているか。 答えはノーです。

    その一方で、東ヨーロッパの反体制派については知っているのです。

質問者  あなたは、真実をどう定義なさいますか。

チョムスキー

    正確な説明に接するとき、人は真実に接するのです。

(2014.5.22.)


民主主義vs国家・多国籍企業・プロパガンダ の目次に戻る