民主主義 vs 国家・多国籍企業・プロパガンダ

          はじめに

       社会が民主的になると、支配階級はプロパガンダに頼るようになる

       本物の知識人への弾圧は、ずっと続いてきた

       この35年間は、権力が国民から大企業に移ってきた

   過去にも、TPPのような秘密協定を目指す動きがあった  人々が結束すれば止められる

       政府の機密文書の指定は、自国民が真実を把握しないために行われる

     プロパガンダの主目的は、人々に「自分は無力で孤立している」と思わせること

       メディアの情報には、たいていは情報操作の側面がある

    アメリカにおけるプロパガンダの実例@  第一次世界大戦時のドイツに対するもの

    アメリカにおけるプロパガンダの実例A  大企業とPR産業

    アメリカにおけるプロパガンダの実例B  ベトナム戦争について

      アメリカにおけるプロパガンダの実例C  イラク戦争について@
      アメリカにおけるプロパガンダの実例C  イラク戦争についてA
      アメリカにおけるプロパガンダの実例C  イラク戦争についてB
      アメリカにおけるプロパガンダの実例C  イラク戦争についてC

   アメリカにおけるプロパガンダの実例D  レーガン神話(実際はダメな大統領だった)

     アメリカこそが、大量破壊兵器を持つ国で、最も危険な国である

     アメリカは帝国主義で動いている  どんな帝国も人種差別を基盤にしてきた

     抑圧者(帝国主義国)は、行為を正当化するために被害者を装う

       イギリスが帝国だった時の間違った思考と政策

       東ティモール問題での西側各国の悪政

     アメリカの誤った政策@  1954年のグアテマラでの軍事クーデター

  アメリカの誤った政策A  ソマリアやコソボへの空爆  トルコとコロンビアへの軍事支援

     アメリカの誤った政策B  第二次大戦中の東京空爆  対キューバ

     アメリカの誤った政策C  軍縮できるのにしてこなかった

     アメリカの誤った政策D  国内政策について@ 検閲、脱税の横行

     アメリカの誤った政策D  国内政策についてA 医療制度

     アメリカの誤った政策E  レーガン政権時のテロとの戦い

     アメリカの誤った政策F  ハイチを植民地支配してきた

     アメリカの誤った政策G  イスラエルとの醜い同盟

     アメリカの誤った政策H  ユーゴへの介入

     アメリカの誤った政策I  アフガニスタンへの侵攻

     アメリカの誤った政策J  国連安保理で拒否権を連発

       ウォーターゲート事件の裏面  防諜作戦という非合法活動

       アメリカによるリビア空爆の真相

       最新のテクノロジーは、国家(公的資金)に支えられている

   現在の経済は、真の資本主義ではない  金融市場の規制緩和は、有害な結果をまねいた

       資本主義は、共産主義と同等以上の犠牲者を出してきた

       アメリカの現状  惨憺たるもの@

       アメリカの現状  惨憺たるものA

       アメリカの現状  惨憺たるものB

    民営化=善というのは、嘘である  大企業の犯罪は、多くの犠牲者を出している

       大企業の犯罪の実例  企業の増長の支柱には、法人実在説がある

  社会に進歩をもたらしてきたのは、民衆と労働者の組織である  (三極委員会について)

      労働組合は、民主主義を進める素晴らしいものだ

      民衆行動は政治を左右する所まで来ている  民衆組織を創ろう

      人権擁護の意識や法律は、民衆行動から生まれてきた

      民主化を成し遂げるには、普段からの努力が必要です

   社会保障制度は、大衆の活動によって確立された  社会保障制度でのプロパガンダ

       アナーキズムの精髄とは

       インターネットを上手く活用すれば、民主主義を推進できる

2014年5月22日作成開始


世界情勢の勉強 トップページへ戻る