資本主義は、共産主義と同等以上の犠牲者を出してきた

(ノーム・チョムスキー リトル・モア刊行から抜粋)

チョムスキー

    2001年にアメリカでベストセラーになった本があります。

    『ブラック・ブック・オブ・コミュニズム(共産主義黒書)』です。

    本の中では、共産主義に殺された人の数を、1億人と推定しています。

    1億人のうち2500万人は、1958〜60年に中国の大飢饉で亡くなったとしています。

    著者のセン教授は、こうしたイデオロギーによる犯罪の研究でノーベル賞を受賞しました。

    セン教授は、「中国の大飢饉は、イデオロギー制度がそうさせた」と解説しています。

    全体主義国家では、国内の情報が中央に入ってきません。
    そのため対策を講じられずに、2500万人も餓死したのです。

    しかし、まだ話は半分でしかありません。

    セン教授は、インドと中国の比較をしました。

    イギリス領だった時のインドでは、常に大飢饉に見舞われており、何千万人も死んでいます。

    インドは、独立以降は大きな飢饉は無くなりました。

    民主主義国家になり、飢饉の情報がきちんと中央に入るようになったからです。

    ところが、インドでは死亡率は高いままでした。

    その一方で、中国は独立後は急速に死亡率は下がりました。

    中国では、独立後に診療所がたくさん作られて、貧しい人々の健康水準が大きく改善されたから
    です。

    インドでは違いました。

    資本主義国家では、貧しい人達に何もしません。

    セン教授は、「中国は大飢饉で2500万人を葬ったが、同じ人数をインドは8年ごとに葬った」
    と指摘しています。

    1947〜80年の間に、インドでは貧困による死者が1億人になりました。

    しかし我々は(資本主義の国々は)、これを資本主義の犯罪とは呼びません。
    敵側の犯罪しか数に入らないからです。

    それに甘んじる事を選択したのは、私たち自身です。

(2015.7.14.)


民主主義vs国家・多国籍企業・プロパガンダ の目次に戻る