アッバース朝は500年続くが、カリフの力は弱かった 
各地の総督や軍司令官が独立していく

(イスラム世界のこれが常識から抜粋)

アッバース朝は、1258年まで500年に渡って続きます。

しかし、カリフが実権を握っていたのは10世紀半ばまでで、それ以後は象徴に過ぎませんでした。

アッバース朝の成立後、1世紀もしないうちに各地の総督や軍司令官は独立するようになります。

モロッコのイドリース朝(788~985年)、チュニスのアグラブ朝(800~909年)、ターヒル朝(821~873年)、サッファール朝(867~908年)、サーマーン朝(875~999年)などです。

(2013年5月15日に作成)


イスラム教の歴史 目次に戻る