イスラム教の歴史

   ムハンマドの生涯①  ムハンマドが生まれる前の状況

   ムハンマドの生涯②  ムハンマド、メッカに生まれる クライシュ族 ハーシム氏族

   ムハンマドの生涯③  商人になる 裕福な未亡人ハディージャと結婚する

   ムハンマドの生涯④  異常な啓示体験をし、預言者として目覚める

 ムハンマドの生涯⑤  メッカで布教を始め、世に警告を発するが、人々から危険人物だと見られる

   ムハンマドの生涯⑥  メッカ巡礼に来たヤスリブの民が信者になる アカバの誓い

   ムハンマドの生涯⑦  ヤスリブに移住し、メディーナに改名される (ヒジュラ)
              ムハージルーン・アンサール

   ムハンマドの生涯⑧  ユダヤ教徒と揉めてしまい、教義を変更する

   ムハンマドの生涯⑨  ムハンマド、メッカの交易隊商の襲撃を始める

   ムハンマドの生涯⑩  メッカは報復戦を仕掛けてくる 激闘をくり返す

   ムハンマドの生涯⑪  メッカの代表者たちと休戦協定を結ぶ、そしてメッカ巡礼を果たす

   ムハンマドの生涯⑫  メッカに進軍して占領する カーバ神殿の偶像をすべて破壊する
              平等宣言をする

   ムハンマドの生涯⑬  彼の生涯のまとめ

    ムハンマドの死後、後継者をめぐって権力闘争が起きる

    正統4カリフについて

   初代カリフ アブー・バクル (在位632~634年) イラクとシリアの征服に着手する

第二代カリフ ウマル (在位634~644年) イラク・シリア・エジプトを征服する ミスルの設置

    第三代カリフ ウスマーン (在位644~656年)

    第四代カリフ アリー (在位656~661年)  第一次内乱となる シーア派の登場

    イスラム勢力は帝国を築く  ウマイヤ朝が成立する

    ウマイヤ朝の誕生  ウマイヤ家によるカリフの世襲化

    シーア派はアリーの息子フサインを担ぐが、失敗に終わる

    各地で反乱が起き、第二次内乱となる

    第5代カリフ・アブドゥルマリクが再興し、ウマイヤ朝は最大の版図に達する

    アラビア語を公用語とし、独自の貨幣を流通させる

    ウマイヤ朝は、4つの階級で構成されていた  各州に総督を置き、地方分権的だった

    アッバース家が主導してウマイヤ朝を倒す  アッバース朝が誕生する

    ヘレニズム思想とギリシャ文化を取り入れる  イスラム教は都市化する

    シーア派として、イスラム教はペルシャにも根付く

 アッバース朝は500年続くが、カリフの力は弱かった  各地の総督や軍司令官が独立していく

   アッバース朝は非アラビア人も重用する  奴隷軍団(マムルーク軍団)が力を伸ばす

    シーア派のブワイフ朝が生まれ、アッバース朝のカリフは名目の存在として残る

(2013年3月12日作成開始)


宗教の勉強 トップページに戻る