シーア派はアリーの息子フサインを担ぐが、失敗に終わる

(イスラム世界のこれが常識から抜粋)

『第一次内乱』でアリーを支持した人々は、やがて『シーア派』と呼ばれるようになります。

彼らは、「預言者ムハンマドの血縁であるアリーの血統こそが、真のカリフである」
と信じていました。

シーア派は、第4代カリフのアリーが殺されると、アリーの長男であるハサンをカリフに担ぎ出します。

ところが軟弱なハサンは、ウマイヤ家のムアーウィヤ軍が出撃してくると、
カリフの位を放棄して引退してしまった。

ハサンはその後、670年に毒殺されました。

ハサンの死後、シーア派の人々はハサンの弟フサインを担ぎ出します。

(この蜂起も失敗する。詳しくは後述。)

シーア派の人々は、アリーとその子孫を最高指導者(イマーム)として崇め、神聖な存在としました。

これをスンニ派は、「シーア派は、神ではなく人を崇めている」と非難しました。

○村本のコメント

シーア派は、一言で言うと『血統を何よりも重視する人々』です。

日本にも、こういう価値観の人はいますよね。

この手の人は、「高貴な家に生まれた人物は、神に選ばれた特別な人なのだ」と考えます。

私は血統に何の価値も置いていないので、共感できないです。

(世界の歴史⑧ イスラーム世界の興隆 から抜粋)

第4代カリフのアリーには、ハサンとフサインという2人の息子がいました。

アリーが暗殺されると、シーア派の人々は長子ハサンに望みを託した。

しかしハサンには野心はなく、カリフ位を放棄する代わりに、ムアーウィヤから巨額の年金を受け取る道を選んだ。

彼はメディーナに隠棲して享楽的な生活をし、45歳で亡くなるまでに100回以上の結婚と離婚を繰り返して、「離婚の達人」とあだ名された。

弟のフサイン(626~680年)も、ムアーウィヤの治世中はメディーナでひっそりと暮らしていた。

しかし680年にムアーウィヤが亡くなり、息子のヤズィードがカリフ位を継承すると、
これを拒否してメッカに居を移した。

イラクの軍営都市クーファは、シーア派の拠点になっていたが、彼らはフサインに手紙を送り決起を促した。

680年9月に、フサインは一族郎党の70名を率いて、密かにメッカを抜け出しました。

彼はクーファの支援を期待していたが、ヤズィードが弾圧をしていたためクーファの人々はフサインに呼応できなかった。

クーファ総督のウバイド・アッラーフは、4000の兵と共にフサインを待ち構えた。

フサイン他の70余名は、680年10月10日にウバイド軍と戦ったが、
女・子供を残して全員が殺されてしまった。

フサインの悲惨な死は、シーア派ムスリムに罪悪感を持たせた。

彼らは背信行為を悔やみ、カリフ(ウマイヤ家)に対する復讐を誓った。

これは後に、反ウマイヤ運動として実を結び、ウマイヤ王朝を倒すことに繋がります。

シーア派の人々は、フサインの死んだ日(アーシューラー)が来ると、哀悼祭を催すようになった。

これが公式行事となったのは、シーア派のブワイフ政権下にイラクがあった10世紀半ばとされている。

シーア派は、「ムハンマドからアリーは後継者に指名された」と主張する。

ムハンマドは632年3月に、メッカ巡礼を終えてガディール・フンムの水場で休憩した。

この時に、彼は同行の人々にこう語った。

「私は、あなた方が自分自身に対するよりも、あなた方の近くにいる。

 私が近くでお仕えする人には、アリーもまたお仕えするのだ。」

この伝承を、シーア派の人々は、アリーを後継者に指名したと解釈したのである。

スンナ派の起源は、シーア派が結成された時に、彼らと一線を画して中立を守ったグループにあるとされる。

彼らは、ムアーウィヤの正統性を承認した。

そしてハディースを重視し、スンナ派の学者はハディースの収集と検証に努力を傾けた。


イスラム教の歴史 目次に戻る