赤狩りが社会を席巻する

(世界歴史大系 アメリカ史2から抜粋)

赤狩り(共産主義者の排除)は、1940年代の末から激しくなっていきます。

国務省の元高官であるアルジャー・ヒスは、ソ連のスパイとして告発されました。

駆け出しの議員であるニクソンは、この告発で活躍して名を上げ、共和党の副大統領候補となるきっかけを掴みました。

1949年の「中国革命」と「ソ連の原爆保有」という衝撃を経て、50年代に入ると
アメリカでは『反共(共産主義の完全否定)』がもてはやされ、不寛容な世相となります。

1950年2月9日に、上院議員のマッカーシーは、「アメリカの後退は国務省内にいる
裏切り者のせいであり、自分は205名の共産主義職員のリストを持っている」と爆弾発言します。

そのマッカーシーを、対日強硬派の「チャイナ・ロビー」が支援して、情報を提供し始めました。

マッカーシーには、テキサスの石油成金からの寄付が集まり、共和党の指導者も同調しました。

マッカーシーは、伝統的に民主党を支持するアイルランド系の人物ですが、共和党に鞍替えしていました。

彼の支持層は、テキサスの石油王や没落貴族でした。

朝鮮戦争が6月に始まると、7月にはソ連に原爆情報を流した疑いで、ローゼンバーグ夫妻が捕まります。

9月には、『国内治安法』が成立しました。

(ローゼンバーグ夫妻は、53年6月に死刑が執行されました)

民主党は、マッカーシーの告発を虚偽とし、「扇動しようとした」と非難します。

しかし、11月の中間選挙では、民主党の議員は多くが落選しました。

これにより、赤狩りのムードはいっそう高まった。

こうして、アメリカのアジア外交は、反共イデオロギーに縛られて硬直化しました。

親ソ派のリベラル勢力は、後退しました。

そして、アメリカの発展をモデルとした、『近代化理論』が考案されて、政府は宣伝していくことになります。

マッカーシーは、陸軍にまで攻撃の手を広げて、失脚していきます。

彼は、共和党の中では異端でした。

54年7月に、マッカーシーの暴走に対して弾劾決議が行われ、可決されます。

マッカーシーは、57年に飲酒のしすぎで死亡しました。

(2013年10月17日に作成)


アメリカ史 1950年代 目次に戻る