米ソの競争は宇宙空間にまで拡がり、NASAが創設される

(『世界歴史大系 アメリカ史2』から抜粋)

1957年10月4日に、ソ連は世界初の人工衛星であるスプートニクの打ち上げに成功した。

これは、アメリカ本土への直接攻撃が可能になる事も意味しており、アメリカに衝撃が走った。

(人工衛星を上げるロケットをミサイル兵器に変えれば、簡単にアメリカに届くという意味です)

アメリカは、対抗して同年12月に打ち上げをしたが、失敗した。

これにより、科学技術の遅れを憂慮する声が沸騰した。

フォード財団のゲイザーは、核軍拡と核シェルター建設を提唱した。

だが、アイゼンハワー大統領は軍拡を採用しなかった。

1958年1月に、アメリカも人工衛星の打ち上げに成功した。

そして、7月にはNASAの設置を決定した。

(2013.12.26.作成)


アメリカ史 1950年代 目次に戻る