公民権運動の高まり キング牧師の登場

(『世界歴史大系 アメリカ史2』から抜粋)

1955年12月に、黒人たちはバスへのボイコットを始め、1年後に勝利した。

このボイコット運動の中心に、26歳のキング牧師がいた。

キング牧師は、南部出身でありながら大学院まで進学しており、南部では数少ない黒人のインテリだった。

彼は、北部の大学で教職につく誘いを断って牧師になり、ヘンリー・ソロやガンジーの思想に共鳴していた。

キング牧師は公民権運動を、人種間の闘争とはせず、『正義と不正義の闘争』と位置づけ、「愛によって勝つこと」を説いた。

市当局はキングらを逮捕し、キングの家には散弾銃が撃ち込まれた。

キングたちの活動は、黒人教会を中心にして行われたので、赤狩りはまぬがれた。

最高裁は、「バス内での人種隔離は違憲である」と判決を下し、キングの名は広く知れ渡った。

アイゼンハワー大統領は、1957年に『公民権法』を成立させた。

これは、リンカーン以来の公民権法だった。

(2013.12.26.作成)


アメリカ史 1950年代 目次に戻る