労働者は、ホワイトカラーが多数になる
大衆による消費社会が到来する

(『世界歴史大系 アメリカ史2』から抜粋)

1956年には、ホワイトカラー(頭脳労働者)がブルーカラー(肉体労働者)よりも多くなった。

これは、製造業のオートメーション化と、事務・サービス労働の増加のためである。

もともとホワイトカラーは、中産階級の意識を持つケースが多い。

ブルーカラーも、賃金の上昇により、中産階級意識となってきた。

アメリカの1人当たりのGNPは、1940年の595ドルから、1960年には2263ドルに増えた。

また、技術革新によって大量生産が実現し、大衆が豊かな生活を享受できるようになった。

その結果、『大衆による消費社会』が到来した。

労働時間の短縮により、レジャーが普及した。

月賦やクレジット・カードの発達で、購入も容易となった。

主婦は、電化製品の普及で、家事から解放された。

都市近郊に一戸建てを建てて、車を使って週末にはショッピングやキャンプを楽しむのが、白人の中産階級の典型となった。

このモデルを、普遍的なモデルとして、アメリカは世界に喧伝していった。

(2013.10.17.作成)


アメリカ史 1950年代 目次に戻る