内政など

(『世界歴史大系 アメリカ史2』から抜粋)

アメリカの経済は、1950年代から1970年代初めまで、順調に拡大していった。

成長の維持には、政府の経済介入が大きく寄与した。

それは、ケインズ的な政策の定着を意味していた。

財政は肥大して、高率の所得税と法人税が定着した。

農業では、農業人口の激減が起きた。

農業人口は、1940年の17%から、60年には6%まで減った。

(2013.10.17.作成)


アメリカ史 1950年代 目次に戻る