アメリカ史
1970年代

            ニクソン政権の時代

 (ニクソン時代については、1960年代にも記事があります)

 ニクソン・ドクトリン  東側陣営への柔軟なアプローチを決める

     ニクソノミクス  失敗に終わる

 カンボジアとラオスに侵攻する  国民の反対により撤退する

  ドル・ショック(ドル本位制の崩壊)とスミソニアン合意

中国を訪問して関係を改善し、世界に衝撃を与える (1972年2月)

ソ連を訪問して関係を改善し、さらに世界に衝撃を与える (1973年5月)

  訪ソで合意したこと①  SALT1 ABMの制限条約

 訪ソで合意したこと②  平和的な共存の誓い 米ソ通商協定

    ウォーターゲート事件とニクソン大統領の辞任

          フォード政権の時代

  ニクソンが辞任したため、副大統領のフォードが昇格する

          1970年代の外交

オイルショックを受けて、サウジアラビアと秘密の提携をする  エコノミック・ヒットマンの活躍

アメリカが支配してきたパナマで、独立の動きが起きる①  トリホスの活躍

アメリカが支配してきたパナマで、独立の動きが起きる②  新条約が締結される


アメリカ史 トップページへ戻る