外交観の変化
孤立主義は消えて、覇権主義に移行する

(『世界歴史大系 アメリカ史2』から抜粋)

アメリカの孤立主義は、第二次大戦で終焉した。

戦後になると、共和党と民主党は共に、世界各地への関与を当然視するようになった。

いわゆる「超党派の外交」の成立である。

そして冷戦が始まると、『覇権主義的なグローバリズム』に移行した。

(2013.7.29.作成)


アメリカ史 第二次大戦の終結後 目次に戻る