新移民の大到来

(『世界歴史大系 アメリカ史2』から抜粋)

1890年~1920年の30年間に、それ以前の70年間を上回る1800万人の移民がアメリカに来ました。

その多数は新しい地域から来た『新移民』で、イタリア人が400万人、ロシアのユダヤ人が200万人、ポーランド人が100万人を占めました。

彼らは、下層階級を構成した。

新移民の5分の4は北部の大都市に住みつき、都心に集まって同民族で固まって住んだ。

彼らのコミュニティは活発に活動し、マシーンを支えました。

(マシーンを知らない方は、こちらを見て下さい)

彼らは大都市の3分の2を占めることもあり、先住者たちを不安にさせた。

(2013.3.22.)


アメリカ史 1900年~第一次大戦まで 目次に戻る