ケネディ暗殺事件の概要

(『大統領の検屍官』シリル・ウェクト著から抜粋)

1963年11月22日、ケネディ大統領が暗殺されたとき、私は32歳で法医学の道を(検屍官の道を)歩み始めたばかりだった。

そのニュースを観ていた時は、まさかこれほど暗殺の調査に関わるとは、夢にも思っていなかった。

ケネディ大統領は、テキサス州で遊説中であった。

ダラスのラヴ・フィールド空港には午前11時に到着し、ジョンソン副大統領とジョン・コナリー知事に出迎えられて、オープンカーでダラスのダウンタウンをパレードした。

大統領とジャクリーン夫人はリムジンの後部シートに座り、すぐ前にはコナリー知事夫妻が座った。

シークレット・サーヴィスの護衛官が車を運転した。

ジョンソン副大統領夫妻らは、後ろの車で続いた。

パレードはエルム通りに入り、7階建てのテキサス教科書倉庫ビルの付近にさしかかった時、時刻は12時半だった。

テキサス教科書倉庫ビルの前を過ぎて数秒で、銃声が響きわたった。

ケネディは頭などを撃たれ、コナリーは背中などを撃たれた。

狙撃から5分と経たないうちに、パークランド記念病院に大統領は運ばれた。

かすかに心臓は動いていた。

ここで驚くべき事実が判明した。

シークレット・サーヴィスも補佐官も、そして夫人さえも、ケネディの血液型を知らなかったのだ。

ケネディは、13時頃に「亡くなった」と発表された。

そしてジョンソン副大統領は13時38分に、エア・フォース・ワン(大統領専用機)の機上で宣誓し、第36代の大統領となった。

20分後に警察は、「犯人のオズワルド(24歳)を逮捕した」と告げた。

オズワルドは逃走中に、J・D・ティピット巡査を射殺したとの事だった。

オズワルドは、テキサス劇場内で逮捕された。

「俺は誰も撃っちゃいない」と、オズワルドはリポーターに言った。

オズワルドは、元海兵隊員で、1959年にソ連に亡命し、そこでKGB大佐の姪であるマリーナ・プルサコーヴァと結婚し、62年6月にアメリカに帰国していた。

連邦捜査官は、「オズワルドは、カリフォルニアの通信販売会社からカルカーノ6.5ミリ・ライフルを買い、それで撃った」と発表した。

カルカーノ・ライフルは、1940年にイタリアで作られた銃で、倉庫ビル6階の箱の陰から発見された。

銃の側には、使用済みの薬莢も何発か見つかった。

2日後に、オズワルドは大きな拘置所へ移送される途中で、(ダラス警察署の地下で)ジャック・ルビーに射殺されてしまった。

ケネディ暗殺現場からのインタビュー放送では、前方から撃った別の狙撃者が居たことが暗示されていた。

しかし、その説はすぐに消されて、当局によってオズワルドの単独犯行が強調され始めた。

(2014年12月5日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る