アメリカ史
ケネディ大統領の暗殺事件

             ケネディ暗殺事件の関係者一覧

 ○ 『大統領の検屍官』 シリル・ウェクト著から

       ケネディ暗殺事件の概要

      遺体の検屍解剖や警察の対応は、めちゃくちゃだった

  ウォーレン委員会によるインチキな報告書、ザプルーダー・フィルムの発見

  国立公文書館で、ケネディ暗殺の物証を調査する  驚くべき発見の数々

ロックフェラー委員会と、下院暗殺調査特別委員会  銃声録音の発見と、4つの銃声という解析結果

      グラシー・ノールにいた狙撃犯について

      マリーナ・オズワルドの話  オズワルドについて

      KGBのオズワルドとケネディ暗殺に関する報告書

     フランク・ラガノ弁護士の証言  マフィアが暗殺に関与した

   この暗殺事件で最大の謎の1つは、ケネディ家が真相究明に無関心な事だ

 ○ 『ケネディ暗殺 アメリカに殺されたJFK』 ロバート・モロー著から

   ロバート・モローはCIAに雇われ、毒物を開発する

   反カストロの闘士コーリーを紹介され、カストロ打倒の活動に参加する

   モローは、マフィアのボスであるルケーゼ、CIA幹部のバーンズに会う

 ニクソン副大統領・CIA・マフィアらは、コーリーを首班とする暫定政府をつくる

 米政府の左派はFRDを立ち上げる  CIAでは保守派とリベラル派が対立する

  ニクソンはCIAと共に、カストロ暗殺作戦とコーリーとの密約をする

   1960年の大統領選挙でケネディが勝ち、状況が大きく変わる

   ピッグズ湾侵攻の裏で、ミサイル基地への潜入作戦が行われた

  ケネディは、ミサイル基地がキューバに造られているとの情報を握りつぶす

    モローは、キューバ紙幣偽造をCIAから依頼される

    モローは、コーリーの地下活動を手助けする

    キューバ紙幣の偽造に成功する  武器の密輸にも成功する

    キューバの新紙幣の偽造に着手する

キューバにミサイル基地がある事が公けとなる  CIAはミサイル基地の破壊作戦を計画する

   モローは、カストロ暗殺作戦の参加メンバーの説明を受ける①

 モローは、カストロ暗殺作戦の参加メンバーの説明を受ける② オズワルドについて

  ミサイル基地の破壊作戦は失敗に終わる  CIAはキューバ侵攻を計画する

 CIA、亡命キューバ人の過激派、アメリカ・マフィアは、JFKの暗殺を決意する

  フーバーFBI長官は、JFK暗殺計画を知るが無視する

  モローは、JFK暗殺で使われるライフルとトランシーバーを用意する

  コーリーやモローは、キューバ紙幣の偽造が見つかり逮捕される

  オズワルドは、CIAの命令で動いていた

  CIAは再びカストロ暗殺を企てる  ローランド・キュベロが提案した

   モローはケネディ暗殺を知ると、大ショックを受ける

 ジョンソンが大統領に昇格し政策が大きく変わる  FBIもCIAも真相を隠蔽する

   ケネディの愛人だったマリー・マイヤーは、口封じで殺される

   亡命キューバ人たちは、苦境に立たされる

   CIA、マフィア、ニクソンの関わりなど

   ケネディ暗殺を調べる委員会が誕生するが、CIAに妨害される

 ○ 『決定版二〇三九年の真実』 落合信彦著から

    前書き

    ジョージ・デ・モーレンシルツの死(1977年3月)

    ケネディ暗殺事件は、他の事件と繋がっている

    暗殺時のパレード進行は異常だった

    ウォレン委員会の顔ぶれ

    ジム・ギャリソンの調査と、それを阻むための数々の陰謀①

    ジム・ギャリソンの調査と、それを阻むための数々の陰謀②

    オズワルドの正体とは

    ユージン・ヘイル・ブレイディングについて

 ○ 『JFK ケネディ暗殺犯を追え』 ジム・ギャリソン著から

    ギャリソンの地方検事になるまでの経歴

    デイヴィッド・フェリーを尋問する

    ケネディ暗殺事件の調査を始め、数々の隠蔽や嘘に気付く

    ガイ・バニスターについて調べる

    オズワルドの過去を調べる①

    オズワルドの過去を調べる②

    クレイ・ショーを調べる

    オズワルドが犯人でない事を示す証拠が山ほど見つかる

    大統領パレードのルートは変更されていた

    デイヴィッド・フェリーを調べる

    連邦政府から圧力がかかり始め、フェリーが死亡する

    クレイ・ショーを逮捕し調べる

    ケネディ暗殺にCIAが深く関わっていると悟る

  ティピットを殺したのはオズワルドではない、ダラス警察は隠蔽工作に加わった

    暗殺現場で起きていた事を調べる

    ジュリア・アン・マーサーの証言

    FBIの関わりについて調べる

    クレイ・ショーの裁判

    ギャリソンは連邦政府から不当に訴えられる①

    ギャリソンは連邦政府から不当に訴えられる②

    ケネディ暗殺の中心にいたのはCIAだ

 ○ 『ダブルクロス アメリカを葬った男』 チャック・ジアンカーナ著から

      ダブルクロスの登場人物

サム・ジアンカーナは学校を10歳でドロップアウトし、ムーニーという綽名を付けられる

  最初期のシカゴ・マフィアについて、ムーニーはエスポズィートの傘下に入る

      ムーニーは父親を痛めつけ家長になる

      ムーニーは殺人を重ねていく

 アル・カポネの配下となり悪事を重ねて幹部に出世する、そして刑務所送りに

      恋敵を殺してアンジェと結婚する、ムーニーの結婚観

      アントン・サーマックとヒューイ・ロングの暗殺について

  カポネが長期刑になり、ポール・リッカがボスになる 組合の乗っ取り

        組合の乗っ取り②

      金をちょろまかした仲間を殺す

      酒乱の義兄を虐待する(虐待返し)、殺し屋の心理

黒人ギャングと組みポリシーに進出、ブラウン=ビオフ事件でボスのリッカがムショ送りに

 配給クーポンの違法売買で稼ぐ、上司のグーズィクを誘拐して脅しボスの座に収まる

      チャックはアン・マリーと知り合う

   ニューヨーク・マフィアについて、ムーニーはコステロと同盟を結ぶ

 黒人ギャングと共同事業を進めるが、軌道に乗ったところで黒人ギャングを追い出す

      シカゴ・シンジケートは各地に賭場を開いていく

      ポール・リッカは賄賂を使って早期出獄する

 ラスベガスに賭場を開いたバグジー・シーゲルは、大金を着服したので殺される

      チャックは金を運んでキューバに行く

    チャックは違法ピンボール機に精を出し、アン・マリーと結婚する

     1948年の大統領選挙、トルーマンについて

     アメリカの赤狩りやアジアでの戦争について

     新しい黒人ポリシー王テディ・ルーとの抗争

     ニューヨーク・シンジケートの内部抗争

 チャックはプラスティック事業に進出するが失敗する、シンジケートと芸能界の繋がり

     1952年の大統領選挙について

    チャックはモーテルの経営を任される、ムーニーは麻薬取引に進出する

      ムーニーの歪んだ教育思想

 シンジケートはCIAと一体で、FBIや石油屋やカトリック教会ともつるんでいる

   共産主義の脅威とはアメリカが出ていく口実だ、グアテマラでの秘密工作

     ムーニーは正式にシカゴのボスになる、妻アンジェの死

    ムーニーはジョー・ケネディと取引する、ケネディ家の蓄財の仕方

      腐敗銀行家レオン・マーカスの暗殺

     マクレラン委員会の発足、ティームスターズを使った不正

    ニューヨーク・シンジケートの内部抗争② アパラチン事件

     キューバにおけるCIAとシンジケートの合同作戦

 ニューヨーク・シンジケートの内部抗争③ ジェノヴェーゼは嵌められて獄中死する

  ラスベガスで上前をはねたガス・グリーンバウムが殺される、ラスベガスの歴史

      ムーニー、ケネディ家、シナトラ一家の繋がり

      マクレラン委員会の結末、キューバ情勢

   ムーニーとケネディ家の密約、ハニートラップ、1960年の大統領選

     CIAとシンジケートは、カストロやトルヒーヨの暗殺を決める

ケネディ家は大統領選に勝利するとムーニーとの約束を反故にする、キューバ侵攻作戦の失敗

     ムーニーはフィリス・マクガイアを恋人にする

     ムーニーはケネディ家の裏切りを確信し、復讐を決意する

ムーニーはマリリン・モンローを使ってケネディを破滅しようとする、モンローの死の真相

     チャックは失業し、その間にケネディ暗殺事件が起きる

   ムーニーはメキシコに移住するが、チャックにケネディ暗殺の真相を語る

      シンジケートとカトリック教会(バチカン)の繋がり

ボビー・ケネディ暗殺にもムーニーが関わったと知り、チャックはジアンカーナ姓を捨てる

     ムーニーは口封じで殺される、シンジケートの麻薬ルート

 ○ 『大がかりな嘘』 マーク・レーン著から

      プロローグ

      裁判まで① レーンはケネディ暗殺を調査し本を出す

    裁判まで② ウォーレン委員会① アール・ウォーレンの人となり

裁判まで② ウォーレン委員会② CIAは証拠を捏造する、CIA工作員プリシラ・ジョンソンについて

    裁判まで② ウォーレン委員会③ 委員会報告書を称賛したマスコミ

      裁判まで③ 下院の暗殺調査の特別委員会

      オズワルドはFBIに雇われていた

      ケネディ暗殺の真相究明する者を、CIAは貶めようとする

   裁判まで④ 元CIA高官デーヴィッド・アトリー・フィリプスとの討論

   ケネディ大統領は外交政策を大きく変えたので、CIAから危険視された

      ウォーターゲート事件の時のニクソンとCIAのやり取り

   ハント対リバティ・ロビー裁判① レーンは被告の弁護を引き受ける

   ハント対リバティ・ロビー裁判② マーチェッティと彼の記事

        証言録取について

  裁判③ 第一審が破棄になりやり直し裁判に、ウィリアム・コーソンの証言

       裁判④ ヴィクター・マーチェッティの証言

       裁判⑤ ジョゼフ・トレントの記事と彼の証言

    裁判⑥ やり直しとなった第一審の顛末、そこでのハントらの証言

       裁判⑦ ハワード・ハントの証言

       裁判⑧ デーヴィッド・アトリー・フィリプスの証言

       裁判⑨ ウォルター・クズマクの証言

       裁判⑩ ゴードン・リディの証言

       裁判⑪ スタンスフィールド・ターナーの証言

       裁判⑫ リチャード・ヘルムズの証言

       名誉毀損の裁判、その歴史と難しさ

       裁判⑬ いよいよ正式裁判が始まる

       裁判⑭ ハワード・ハントの証言① 主尋問

       裁判⑭ ハワード・ハントの証言② 反対尋問①

       裁判⑭ ハワード・ハントの証言② 反対尋問②

       裁判⑮ マリータ・ロレンツの証言

       裁判⑯ ニュートン・スコット・マイラーの証言①

   裁判⑯ ニュートン・スコット・マイラーの証言② ユーリ・ノセンコについて

     ハント対リバティ・ロビー裁判⑰ 結審となり被告勝訴の判決が出る

       裁判結果を大手メディアは無視する

     ダラス検察が発表したオズワルドが犯人とする証拠15を検証する

       ケネディ暗殺事件の追加情報

       ジョージ・ブッシュは若い頃CIAで働いていた①

       ジョージ・ブッシュは若い頃CIAで働いていた②


アメリカ史 トップページへ戻る