プロローグ

(大がかりな嘘 マーク・レーン著から抜粋)

本書は、元CIA高官のE・ハワード・ハントが、スポットライト紙とその発行元であるリバティ・ロビー社を名誉棄損で提訴した裁判を、分析したものである。

(実際には分析というより、裁判の一部始終を描いたノンフィクション本です)

この裁判は、「ハントはケネディ暗殺に関与していた」と書いた記事が原因だった。

その記事は、スポットライト紙に元CIAのヴィクター・マーチェッティが寄稿したものだ。

第一審でハントが65万ドルという裁定額で勝訴した時、リバティ・ロビー社は私に助けを求めてきた。

私は弁護士であり、20年以上もケネディ暗殺事件の調査をしていた。

この申し出を受ければ、ハントやリチャード・ヘルムズらに宣誓させた上で証言させ、ケネディ暗殺に関する情報を手に入れられるかもしれない。

それに、マリータ・ロレンツが数年前に私に語った事が、法廷に響き渡ることになるかもしれない。

私は依頼を受けて、リバティ・ロビー社の弁護をする事した。

(2018年11月15日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る