ウォーターゲート事件の時のニクソンとCIAのやり取り

(『大がかりな嘘』マーク・レーン著から抜粋)

ウォーターゲート事件が明るみに出ると、ニクソン大統領はもみ消すためにCIAに協力を求めた。

当時、ニクソンはCIAに嵌められたと思っていて、首席補佐官のH・R・ハルデマンをリチャード・ヘルムズCIA長官と会うように派遣した。

リチャード・ヘルムズは、ケネディ暗殺の時期に、CIAの計画担当副長官(非合法作戦の責任者)だった人物である。

ハルデマンは、CIAの支援を引き出すために、ケネディ暗殺の秘密を突き付けることを命じられていた。

著書『権力の終焉』にこう書いている。

「我々は、以前にCIAの協力を取り付けようとしたが、
 失敗していた。

 1972年6月23日に再び交渉したが、またもやダメと言われた。

 そこで私は、ニクソンの切り札を出した。

 『もしウォーターゲート事件が暴露されたら、ピッグズ湾事件も
  暴露されるかもと、大統領は言っています』

 室内は動揺に包まれた。
 ヘルムズは座っている椅子の腕を掴み、身を乗り出して怒鳴った。

 『ピッグズ湾事件とこれとは何の関係もない。
  私はピッグズ湾事件を少しも問題にしていない!』

 私は、ヘルムズの激しい反応にショックを受けた。

 ニクソンがピッグズ湾について言ったことは、実はケネディ暗殺を
 指した暗号だったと思われる。」

ハルデマンがこの暗号を明らかにしたため、ニクソンの録音テープ(※ウォーターゲート事件の解明のため議会に提出された)を解読する手掛かりを得た。

テープで、ニクソンはこう語っている。

「ハワード・ハント(元CIA幹部で、当時はニクソンに雇われて
 いた。ウォーターゲート事件の実行犯で逮捕された)は
 沢山の事を暴露するだろう。

 かさぶたを剥がしたら、ものすごく沢山の事が明らかになるぞ。

 これには亡命キューバ人たちや、ハワード・ハントや、
 我々には関係のないインチキ野郎が関わっている。

 CIAの連中が来たら言ってやれ。そんな事になればピッグズ湾
 事件の全てが明るみに出て厄介なことになるぞと。」

(2018年11月26日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る