ハント対リバティ・ロビー裁判④
ヴィクター・マーチェッティの証言

(『大がかりな嘘』マーク・レーン著から抜粋)

ウィリアム・コーソンの証言録取の後、今度はハントの弁護士ウィリアム・スナイダーのオフィスで、ヴィクター・マーチェッティの証言録取が行われた。

私はそれに立ち合ったが、事前にマーチェッティに「協力的であるように見せるため、冷静かつ礼儀正しく答えてくれ」と注意していた。

彼は強く迫られると怒ってカッとなる性格だと、私は気付いていた。

証言録取が始まると、数分も経たないうちにマーチェッティは助言を忘れて、スナイダーの質問に対し激怒し始めた。

休憩時間に入ると、マーチェッティに態度を改めるよう頼んだ。

しかし証言録取が再開されると、さらにとんでもない事態になった。

まずスナイダーが「記事の情報源はコーソンだったのか」と訊くと、マーチェッティは「そうです」と答えた。

Q コーソン氏がCIAの極秘情報に通じているのは、
  おかしいと思いますが。

A コーソン氏は(CIA幹部の)ジェームズ・アングルトンの
  親友でした。
  彼は、CIAと国防総省の情報部門のほとんどの幹部を
  知っています。

  コーソン氏は、長年にわたり色々な情報を私に提供してくれました。

質問が続いてゆくと、だんだんと情報源としてA・J・ウェーバーマンの名前が登場し始めた。

そしてCIAメモの情報源が、突然にウェーバーマンになってしまった。

マーチェッティは、「メモの存在はウェーバーマンから聞き、コーソンからウェーバーマンの情報は正しいと聞いた」と説明した。

さらに「記事が掲載されハントが取り消しを要求してきた後で、情報の確認をコーソンに頼んだが、コーソンはジェームズ・アングルトンに接触し、アングルトンは『自分が書いたメモだ』と述べた」と詳しく説明した。

この説明は、マーチェッティが私やカートにしてきた話と違っていた。

そしてコーソンは「そんなメモの事実はない(記憶がない)」と証言している。

目の前でマーチェッティの信頼性が崩壊し始めたため、私は無力感を味わった。

35年の弁護士生活で、このような経験があったか思い出せないほどだった。

ところが事態はさらに悪化したのである。

スナイダーは「どのようにしてメモを知ったかを、ウェーバーマンに聞いたか」と質問した。

マーチェッティは、「ウェーバーマンは最初は特別委員会のスタッフであるフォンジから聞いたと言ったが、その後に実はエド・ロペスからメモの話を聞いたと言った」と説明した。

エド・ロペスは、米下院の暗殺調査特別委員会で調査官だった人物だが、マーチェッティは直接話したことはないと認めた。

マーチェッティの証言を聞いていて、彼の記事はそれ自体では弁護が不可能だと分かった。

新たな証拠を私が収集できなければ、弁護が成り立たない。

帰りぎわにスナイダーは、「75万ドル(の賠償金)で和解に応じないか」と私にもちかけた。

私は答えた。「いや、第1ラウンド開始だ」

(2018年11月28日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る